自転車の豆知識

自転車の乗り方 〜ラク!カル!ハヤ!これだけ変わる!〜

「自転車の乗り方? もう乗れるよ!」という声が聞こえてきそうですね。でも、正しい乗り方をしている方は意外と少ないんです。ちょっとしたことで今よりも楽に走れる方法を紹介しますので、実践してみて下さい。

自転車のきれいな乗り方 4か条

❶ 足をまっすぐあげて、まっすぐおろす
❷ 母指球とペダル軸を合わせる
❸ つま先よりもかかとを高く
❹ 腕や肩の力を抜く

❶ 足をまっすぐあげて、まっすぐおろす

ペダルを漕ぐときの足の動かし方です。運動会の行進を想像してください。足をまっすぐあげて。まっすぐおろして行進しますよね。この時意識するのは膝ではなく股関節です。膝が開いたり閉じたりするのは股関節が原因なのです。

❷ ペダルに足を乗せる位置について

はだしの時に足の指(特に親指)をクッと反らしてみてください。足裏の親指の付け根あたりにポコッと山ができると思います。ここを母指球といいます。この母指球をペダルの軸(中心)に乗せるよう心がけてください。

❸ つま先よりもかかとを高く

歩くときに、つま先を上げている状態では非常に歩きづらく、力も出ないと思います。自転車に乗っている時も同じです。つま先よりもかかとを高くするだけで、スムーズにペダルを漕ぐことができます。もし、それで足の上げ下げが窮屈に感じる場合はサドルが低いことが考えられますので、サドルの高さを調整してください。

❹ 腕は添えるだけ

身体に無駄な力が入ると動きがぎこちなくなります。自転車もハンドルをギュット握りしめたり、腕に力が入っていたり、肩を怒らせたりすると、走りがぎこちなくなります。無駄な力が入るとまっすぐ走れなかったり、ハプニングへの対応も遅れてしまいます。ですので、肩の力を抜いて、肘を軽く曲げて、グリップは軽く握りましょう。もし、その状態でもいかり肩になってしまう場合はハンドルが高いことが考えられますので調整してください。

Page Top